いんちき経済2

勢いに任せて

事業成功モデル。
seikou2


 上が企業の取引先で下が企業とすると、取引先は企業に借金完済されると赤字ばっかりになる。成功企業が増えるほどに新しい起業者を開拓して「誰かの借金」部分を確保し続けなきゃなんない。仕組み的に全員が成功企業になることはできなくて、どこかで誰かが借金漬けになって初めて成功企業が生まれることができるとも言える。

今、日本で借金漬けで有名なところといえば。。。?




こうやって一生懸命文章書いてるけど全然アイデアが固まってないことしかわかんない。
飽きるまで。メモがわり。



 国の借金まみれは国民の成功に資する大事な立ち位置なのであります。経済規模そのままで国が借金返したら、誰かがそれを引き受けなきゃなんないことになる。そのルール決めるのは国だから、つまりは国次第なんだけど、とりあえずあの借金返されたら僕らはみんなひからびる。ただ、いくら大事な立ち位置とはいっても、前の記事いんちき経済なうの絵の黄色部分の拡大に貢献してるのも事実なので、あんまりでかくしすぎるのも良くない。でかくしたいならお金を刷って水色部分も大きくしないとバランスがおかしいことになる。外国との兼ね合いも見ながらうまいこと立ち回ってもらいたいです。
 共産党の言うように、企業の内部留保を取り崩させるという意見は、借金は民間が引き受けろよと言ってることで、それは別に正しくも間違ってもいない。でもそのやり方実現させるには、働くほどに借金が増えるという過程がどうしても必要になるわけで、そんな状態でみんな一生懸命まじめに働くとは思えない。だからあえて公平に言うと、方針は正しくも間違ってもいないけれど、実施したらとんでもないことになるのが目に見えるのでやめといた方がいい。やっぱり起業を促して借金引き受ける人を増やして、借金返す頑張りで経済活性化するというのが健全だと思う。

 凌ぎ合いの結果、力及ばず脱落してしまった人には、何とか温かい手を差し伸べてあげる道も用意しましょうねというのが社会保障で、努力もしないで生活保護あげるとか馬鹿げてるんだけど、これちゃんとした方がいい。社会不適応者の隔離的な意味の生活保護は、別の仕組みにしたらいい。



 と、ここまで書いて、成功の先延ばし、という言葉を思いついた。延々と借金完済させないの。もし起業が増えなかったら借金持ちの人は延々絞られることになるのかもしれない。あとは成功企業の解散とか。何のためにっていうのはアレだけど。

comment

Secret

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード