思考実験で

うちのブログの宇宙記事は自分の脳内妄想のチラシの裏だから世間的にはどうでもいいんだけど、なんとなく今考えてることについて。
自分が地点A、観測可能な地点Bと地点Cがあるとする。地点Aから地点Bと地点Cへは相対論で光速でしか情報伝達はなされない。だけど地点Aからの観測において、地点Bと地点Cどうしの間では光速を超えて情報がやり取りされていても理論に矛盾しないであろうこと。でも地点Bから観測した場合も地点A、地点Bへの情報伝達は光速でしかやりとりできないし、それは地点Cからの観測も然り。
んで、それがどうしたということなんだけど。そこのところがよくわからないので考えてるところ。
相対論だからそうなんだ、って話なんだけど、時間の無駄遣いにはいいです。

あといわゆる巨視的トンネル効果なできごとを最近発見した。


核融合反応は恒星内部と実験室でしか起きない。この「実験室で核融合反応が起きる」という事実は、実は宇宙的には非常にイレギュラーな出来事です。恒星の内部みたいな特殊環境でしか起きないようなことが、何の熱源もない惑星表面で(法則から見たら自然に)エネルギーの凝縮現象が起こり核融合反応を起こす。宇宙の法則は自由落下みたいなものだから、何のタネも仕掛けもない素人が手品に成功するようなことはほぼあり得ない。なのにすごい。あ、あとは宇宙線同士の正面衝突でも起きるのかしらんけど関係ないしどうでもいいや。普段何の気なしに加速器とか水爆とか見聞きしてるけど、まさにこのことを冷静に考えてみると巨視的トンネル効果的であると言えるね。
科学者が頭捻ってるんだからできるだろうとおっしゃる?科学者の脳みそのあれこれも宇宙の法則の一部なのですよ。宇宙の法則が間違ってるなら仕方ないけど。
さて第一種第二種巨視的量子現象に続き、ついに第三種巨視的量子現象の発見であります。
ミクロからミクロ、ミクロからマクロ、それに引き続くマクロからマクロの量子現象です。猫もびっくりな。
わたくしが見つけました(・∇・)ノ
いや、でっちあげてんだけど。

論文書かないと賞とか貰えないの?

comment

Secret

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード