交通安全とわたくし

もう最近は交通ルールをきっちり守って、一時停止ちゃんと止まるし信号も守るし、それはもうひどいものであります。
だからって安全運転かと言われると全く自信がない。40歳過ぎちゃうと全然ダメです。

前にも書いたけど、自動車交通のお墨付きを仕切ってるのは公安で、現場の管理は警察にやってもらってる。
だから本来、交通ルールの上においては、公安の名のもとに、警察と一般人とは全く対等なのであります。本来は警察は公安の手先ではないはずなのであります。さらにでありますが本来、自動車は通っちゃいけない官製の道路というものがあり、そこの管理を司る公安がお墨付きを出した人だけが通行を許される。取り締まりの論拠も、そういう立ち位置であるからして発効されるはずのものであるはずなのであります。公安の命題は特に国の安定に資することにあるので、社会契約論的に、手前勝手をするものには歯には歯を以上の罰を与えることもやぶさかではなく、つまり交通違反の罰則具合の拠り所というのはそういうものなのであります。
40歳過ぎたわたくしが望むことは、取り締まりにおいては警察にはそういう事々を踏まえた態度で応っていただきたいということです。踏まえていただけるならばそれを信頼して素直に従うだけだからものすごく楽。今の職業公務員の存在価値はそこにあるのだしそこにしかないのだから、お互いの共通理解としての共通語としての意識。職業公務員を差別するわけではないのだけれど、たぶんこれって案外目新しい角度からの物の見方なんじゃないかなと思ったり思わなかったり。

そんなこんなで話を進めついでに飛躍させた論を述べると、そういう誰かがてきとーに決めたのであろう法律なんてものは所詮その程度のものであり、それ以上のものではない。自分の責任範囲においては、そんなてきとーに作られた法律なんてものは守る必要がないという。鎖自慢なんか論外。

であるのではあるのだけれど、以上を踏まえた上で、いち一般国民であるところのわたくしは、そういう諸々を勉強し理解した上で、不本意ながら不本意ながら、ルール通りの交通を心がけるように、40歳にしてようやくなることが出来たと、ここにご報告申し上げる次第であります。

若者だった頃に比べてまったく”安全”運転ができないんだよね。目が見えないしね。
だからこそ、年寄りの味方である拠り所にある交通ルールを守っての交通。
自分にとってはこういう運転をしなければならなくなったということははっきり言って堕落というか、むしろ人としての破滅と言ってもいい。もう40歳なんて社会的な人としての存在自体終わりのようなものなんだから公安の権限で免許とか失効させたらいいよ。社会には迷惑な存在だ。なんで間引きしてくれなかったのかなと思う。徴兵なりでてきとーに間引きするべきなんだよ。

と、そういう自分勝手な自由主義的観点から物事を捉えているので、最近若者が法律守れだ憲法守れだって騒ぎ立ててるけども、その脳みその理論建てはどうなっているものなのか、ぜんぜん理解できないでいる。あんなもん年寄りの既得権。ほんとは若者が守る必要なんてないんだよね。


まずお墨付きがない論は戯れ言とか世迷い言と呼ばれます。
こんなブログどうせ誰も読まないしどうでもいいや。

comment

Secret

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード