提言みたいなもの

本人たちに自覚ありやなしや、どうして平和自由平等を求める人達はああも好戦的なのかという矛盾。

歴史に学び、戦国時代を終わらせたのは茶道。全国の戦国武将の共通語としての茶道であるという持論を得た。顧みて、今の国会前の平和主義者にはそういう共通語を持とうという着想はこれっぽっちもなく、ただただ手前のわがままを力づくで他人に押し付けようとしているようにしか見えない。平和平等自由という思想は、後年に起こされた不完全な妄想であって、普遍的な共通語にはなりえない。平和のためには暴力も辞さずという姿勢ではないと言うならば、すなわち別の道を模索するべきだ(そういう平和主義者に限って利権潰せだの言いがちだけれど、他人のために水を汲む思想を具現化したものが利権である)

そういうわけで別の道を探るべき。
今さら茶道。それもいいけど、むしろそうするべきなんだけど、究極的にはあえて尊皇運動を興すのが手っ取り早いと思う。
自由平等平和は、個人の都合を社会一般に最大限に拡張して、そのことで生じた齟齬はてきとうな権力者が調停しましょうというもの。そういう基本の立ち位置に立ち直して見ると、いま国会の前で騒いでる人たちの主張は権力者が気に食わないというものなのだから、平和的和平的解決を目指すならば媒介する共通語が必要で、その後ろ盾となるものは茶道みたいな理不尽で荒唐無稽かつ普遍的芸術的なものでなくてはならないので、国の話なのだからとりあえずとして思いついたのが皇室。他にいいものがあるならばそれでいいんだけど。自由平等平和を暴力なしに手に入れたいからそういう道を恣意的に組み入れるということは、目的達成のために思想を曲げるということにはなるけれど、それが大きな代償にはならないであろう。そもそもスケールを測り合うためには基準点となる特異点が必要であるということだ。それなのに優しい共産主義者は同じ人間ではないのか平等ではないのかと言う。カテゴライズ変えるだけでうまくいくのにね。(日本のマ○クス主義の弱点は妄想と現実とのすり合わせにおける特異点の非存在。限度が測れずどうしても原理主義的になる。これが共○党の人たちが血走ったき○ちがいに見える理由である)幸い数千年の歴史という裏付けもある。それを拠り所に、ただ納得してしまうだけで良い。先人の積み上げてきてくれたものは上手に利用させていただく。賢い立ち回りではないだろうか。
八紘一宇の思想は、今やいわゆる外国に強制するようなものではなく、個人主義という名のあたかも個人個人が内にそれぞれ一国を構えているかのようになり変わった今の日本の内にあってこそ見直されるべきものではないだろうか。すべて国民の共通語としての何かを探し出す作業をこそ、自由平和平等を謳う人たちにこそ追い求めてもらいたいと思う。

これで権力と活動家との理解は深まってめでたく収まるとして、あの国になんとかなってもらわないと平和は守れない。
どうしよう。。。

comment

Secret

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード