KSPで思ったこと

KSP(Kerbal Space Program)というゲームで遊んでます。
いんちきロケットを飛ばすゲームなんだけど、衛星軌道なんかのシミュレーションゲームとしてのリアルさというか、重力圏内の物理法則の、目からうろこがぽろり的な発見的な、そういう面白さがあります。

たとえば。
学校で習う、重さに依らず落ちる早さは一定の法則。衛星って地表に添って自由落下させてるわけなんだけど、その衛星どうしの相対的な速さってのはその軌道の高さに依る。相対的に、低い軌道を落ちる衛星は速く進むように見えて、高い軌道の衛星は遅く進むように見える。
KSPで衛星どうしをランデブーさせたい時には、追いつきたい時は軌道方向に対して減速して軌道を下げて、インコーナーを突く的なショートカットで追いつこうとするし、追いつかれたいときは加速して軌道を上げるの。なんでかっていうと減速したにもかかわらず、地球を1周回ってきたら今いる高さのところに戻ってこれるという法則があるから。だから地球を速く回る低い軌道に移るときは落下方向に減速して遅く回る高い軌道に移るときは加速する。追いつきたいのに減速するんだよ。不思議。

ksp1 (2)


で、そんなKSPとは関係ないんだけど、軌道エレベータってのがあるんだけど、いろんな説明見ると、重心が静止軌道だから立つ。って書いてる。これ倒れちゃうと思うんだよね。軌道の高さが違うから。横倒しになると思われ。という心配。

ksp1(3).png

偉い先生が間違ってるわけないんだけど。

comment

Secret

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード