都会目線の地方創生。むりぽ

前略

中略

だからそもそもそういう都会の人たちの考え方のほうがおかしい訳で、もう何回も言うけど金払ってポイな都会目線で語られても困るわけ。
地方創生じゃなくて都会抑制政策をとらないとどーにもなんないんだよ。



※いろいろ書くのめんどくさいしうまく書ける自信もないのでいんちき脳内演説から抜粋しました。

目玉を増やして減らす

思考実験。
脳みそに目玉がついてるのを考える。
新しい目玉を増やして、古い目玉を外す。その過程での意識はどういうものになるんだろう。

mdmtisk

考えていくと、自分と他人を分けているキモは感覚器の非共有にあるのではないかということに気がついた。

じゃあなんで水素は原子番号1番で宇宙どこにでもいくつもいくつもあるんだろう。宇宙に水素はひとつしかなくて、どういうわけかたくさん観測できるからたくさんあるように見える、じゃいけないのか。同じものがたくさんあるって、逆に不自然じゃないか。それとも観測する水素によってそれぞれ微妙に違ったりするんだろうか。
波動関数が収束するたびに同じものが違うふうに見えてるだけだとしたら、宇宙はブラックホールの厚みの間の出来事だから、キモは位置エネルギー。だ。
bhichi




年寄りの借金を国債に振り替える政策

借金残して死んだ借金を貸し倒れ引当金と保険で相殺するなんてもったいない。もっとマクロな視点で何とかしましょうよという政策。

お年寄りにお金がないから介護の人の給料が上がらない。
だったらなんぼ借金してもいいようにしてしまえばよいではないか。

というわけで、年寄りが借金残して死んだらその借金は国債に振り替えることができることにしてはどうだろう。
これで年寄りはお金を借り放題。かわいそうなお年寄りも介護人もいなくなる。問題は最後に国債になってしまうものに投資が集まるかどうか、だけですけど、建設国債みたいに介護国債枠作っちゃえば問題ない。誰かの借金は誰かの貯金なんだから、誰かの借金が増えれば誰かの貯金が増える。マクロで見ればそうなってるのです。気分的に問題はあっても構造的には問題無い。

んで、この政策のホントの狙いの恐ろしさ。
収入を使いきって収支ゼロで死んじゃうならいいんだけど一般的にはそうはならない感じ。だいたいの人は律儀なので、子供に財産を残して死にます。これをマクロで見ると、そうすることはすなわち子供が借金を抱えて生まれてくることと同義なのです①

tuyokinsyakkin
これをこの政策でちょっとずらします②

するとあら不思議!子供が貯金持って生まれてくるではありませんか!貯金とは債権で、借金は債務。子供が債権持って生まれてくるということは、必然的に世間は子供に債務を果たすわけで、つまりいろいろあれこれ与えたりしなくてはならないわけです。自然と、育ちやすい生きやすい環境が整う。もうこの政策を実行するだけで成り行きまかせでみんな幸せ。すばらしくない?簡単でしょ?


若者にある程度のお金を配る政策

ちまたでは、やれ生活保護だのベーシックインカムだのと共産主義的発想な制度が提案されたりなんかしてるわけなのですが、わたくしは自由主義者なので、こういう提案をするものなのであります。
そういうわけで、若者にはお金が必要なのかもしれない。若者には有り余る時間はあるけれどお金がない。若者にお金をもたせるとどうなるだろう。若者の時間は全て自己投資に変わります。ある程度のお金があれば、その具現化のいくらかの手助けをすることができるかもしれない。その時には形にはならなくても少なくとも社会人になった後の何かの礎にはなると思う。

例えば18歳から22歳までの全員に、毎月20万円を支給する。現金がアレなら期限付きの金券でもいいんだけど。
使い道は自由。生活費にでもいいし学費にでもいいし、無駄遣いしちゃってもいい。嬉しいやろ若者め。だけど当たり前だけどあとでしっかり回収されるんやでこれ。

。。。実はこの案には、当面の少子高齢化の根本的な解決が可能かも知れない可能性があります。

人の一生の金銭的収支において、収入は働いた時間、支出は働いてもらった時間。税金とか無駄遣いとかは相殺できるので、
収入=支出=生活費+学費
になります。これを図にするとこうなる①
syuusi0
んで、収支をグラフにすると②
syuusi1

若者にお金をばらまくと矢印の収支が入れ替わる地点がより若い時期に移動する③

つまりどういうことかというと、他人の面倒が見れる余裕が出来る時期が早まるんですね!つまり”大人”になる時期が早まるんですね!これは大発見ですね!
だもんで性ホルモンの真っ盛りのうちに結婚しちゃう人が増えれば子供も増えてわんさかうはうはなわけなのです。
同時に適者生存の理屈で、若者向けの文化が発展しておっさん臭いものは駆逐され、活き活きとしたエネルギッシュな文化的な世相になることでしょう。

今はバカな大人たちのバカなやり方のせいで年取れば収入が増えてくなんてこともどうしてかあんまり現実的ではないようです。だからそんなことはもうやめて、夢と未来のある若者に実弾を与えなくては我々の未来もないぞと思うのであります。

必要な金額
120万人×20万円×12ヶ月×4年=115200×10^8円≒12兆円

財源
男女共同参画に関する予算≒8兆円弱
少子化対策の予算≒3兆円強
ほとんどポスター代だろこれ。しかもちょっと前まで無かった予算なんだし無くてもいいだろ。
プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード