プロ野球始まったね

野球面白い。

野球って小学生の草野球以来やったことはないんだけど、面白いね。
バッティングセンターの120㌔の球が速すぎて見えないわたくしなので何のアレもないんですけど、とりあえず投球打撃理論が面白い。

打撃の場合、投手に対して手前側の足を軸足といいます。教科書には軸足を中心に回転しるって書いてあるみたいですけど、打つ瞬間って、軸足に溜めた力を、踏み出した側の足を突っ張っることで骨盤を回して、腹肩腕バットに力を伝えるんだよね。

投球の場合も、踏み出した足の突っ張りを利用して骨盤を回して腹肩腕って指先まで力を伝えていく。

toukyudageki.png


絵がへたくそだとつまんない

おもしろい仕組み

よくできた社会の仕組み。

よく天下りはいけないとか聞きますが、いけないことはないと思います。組織の人口構成って三角形が理想型。偉い人がいっぱいいても仕方ないから。かといってずっとヒラ社員ってわけにもいかない。採用人数はある程度確保して、上の方の余計な構成員には順次ご退場いただいて三角形に作り変えます。

kozo.png


三角形な組織を作るには立場が上とか下とかっていう役付けが必要。そのお墨付きとしての天下りの存在。

日本における正義の論拠の在処は、ひとことで言えば錦の御旗のあるところだから、神託を受けた幕府政府のトップの指図こそがそれで、八百万の神じゃないけど官僚組織からこぼれ出た雫がひとりひとりの神様で、それが構成する利権団体は利権のお墨付き付きの利権団体である、ということになるのであります。

以上を筋道立てて文章化したものが法律なんだろうし、これを外れたものは悪法であるということになると思います。



だから細いタイヤの軽自動車は禁止するべきだと思います。

3(・∇・)9

誕生日になったので39歳だぞー
職場の人たちには40歳おめでとうと言われたので、ありがとうと答えました。曰く大差ないらしいから大差ないんだろうな。それにしても今のとこに勤め始めて16年?未だに一番年下です。なんでやねん!

この1年は何してたんだろうね。DTMが絶賛停滞中だからブログに書くこともあんまりなくて、ここんとここめっけもんなネタといえば絆の繋ぎ目は枷ってことくらいで。あのMIDIづくりのピアノロールを延々とぽちぽちするめんどくさい作業を徹夜で頑張るという枷を自らにはめなければDTMerコミュニティの絆は得られないのです。我ながらよく出来たなんか知らん鼻歌をエンドレス脳内再生して涙ぐんでるだけじゃいかんのです。私の宇宙の観測者はただ私一人だけなのであるという、それが現実の全てです。

39歳から40歳までの1年間がそれ以降の月日と大差ないということもそういう現実のひとつなんだろうな。だけどそんなに悪いことじゃないんだろうな。特段の望みもなく過ごしていく分には。


道路と自動車運転免許証とわたくし

本来、道路って車走らせちゃいけないんだって。
特別に走らせてもいいよっていう許可証が運転免許証。
だから管轄が警察じゃなくて公安だったり、理不尽な取り締まりとはいえども理があるのだという解釈になる。
なかなか筋が通ったよい仕組みなのではないかと思います。考えた人は偉い。

だからさー、エコドライブかなんか知らないけどあの自転車に毛の生えた程度のグリップ力しかなさそうな細いタイヤの軽自動車と道を譲らずたらたら走る車の走行は禁止してくれないかな。

あ。わたくし別にそんな車に前を塞がれるという間抜けな状況のせいでばあちゃんの臨終にタッチの差で間に合わなかったからこういうこと言ってるんじゃなくて、もしかしたらそういう間抜けな状況のせいでばあちゃんの臨終に間に合わないかわいそうな人が一人でも減ったらいいよなーとちょっとだけ思っただけで、自分はもうそういう臨終に駆けつけなきゃなんないことももうないと思うので実現しなくてもいいです。


エコドライブはすばらしいからね!
エコドライブするにはグリップ力がない細いタイヤが有利だし、みんなが速度落とせば全体が燃費良くなるんだからそういう模範的なペースメーカーがいればみんなもそうせざるを得なくなってより地球環境が守られるね。
もちろん全体の速度が落ちれば事故の被害もhell死ね







ファインマン

ワープする宇宙。248ページまで読み進んだ。
3ヶ月前は100ページまでしか読んでなかったから、3ヶ月で148ページも読んだことになる。もうね、たったの3ヶ月で148ページもだよ。我ながらすごいと思う。

トイレに置きっぱなもんで。。。orz



でさー、ファインマンダイアグラムというのがあるんですけども、下の図は、左下と右下から矢印方向に飛んでる電子が、波線で表されてる光子を介して相互作用して、左上と右上に飛び去るっていう図。
feynman.png

んで、これのおもしろいところは、電子は観測できるけども媒介の光子が観測できないんですよ。つまりどういうことかというと、たとえば何億光年離れたところにある星があったとして、そこから出た光は道中何にも遮られずに、わたくしの目玉に突き刺さっている、ということなのですね。星の運動量の微妙な変化は数億年の時を越え名もない電子の軌跡を汚すのです。つまりは森羅万象はすべからく一意的なのである、という証左でありますね。


なんとも美しく、ロマンなのであります。



昨日一昨日二昨日。
ばあちゃんの死という一意的なシナリオが、場末の粗末な電子達を動かしたのでした。
そうやって、まるで宇宙の時間は、そのあるべき姿の方向へと進んでいるかのように観測されてしまうのですね。

よい旅を。

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード