フジテレビじゃないけど

ごめんなさい
フジテレビのドラマとは何の関係もないのよ
うちの元ネタはこれよこれ


何かのご縁でしたらすみません。聴いてみてくれたら嬉しいです。
よろしくね!



応援リンクだよ

公式ページ
http://tokai-tv.com/shiawasenojikan/

フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shiawasenojikan/

紀伊国屋
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/search.cgi?skey=1&KEYWORD=%8D%91%97F%82%E2%82%B7%82%E4%82%AB&S-AUTHOR=%8D%91%97%46%82%E2%82%B7%82%E4%82%AB


wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93

国友先生wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%8F%8B%E3%82%84%E3%81%99%E3%82%86%E3%81%8D

サイバラVS国友先生
http://big-3.jp/bigsuperior/column/zinseigaryokutaiketu/090812/index.html

いんちき経済2

勢いに任せて

事業成功モデル。
seikou2


 上が企業の取引先で下が企業とすると、取引先は企業に借金完済されると赤字ばっかりになる。成功企業が増えるほどに新しい起業者を開拓して「誰かの借金」部分を確保し続けなきゃなんない。仕組み的に全員が成功企業になることはできなくて、どこかで誰かが借金漬けになって初めて成功企業が生まれることができるとも言える。

今、日本で借金漬けで有名なところといえば。。。?




こうやって一生懸命文章書いてるけど全然アイデアが固まってないことしかわかんない。
飽きるまで。メモがわり。



more...

いんちき経済なう

いまさら総論。
kei2


1:現金商売だけの経済
2:債権やら株やらなどの仮想的現金がある経済
3:マネーゲーム経済
4:グローバル経済


とりあえず、1から4へと段々複雑になっているという何か。


追記
うぷしてから読みなおしたけど相変わらず下手くそな文章だ。脳みそ足りない。




more...

麻雀やろうぜ

なかなかのソフト見つけた。
まったり麻雀

牌譜出力機能がついてる。コンピュータとの打ち筋の比較もできる。


…こういうこともありますな。うへへ
majan

時空ドーナツが気になる

ツイッターで僕ちん呟いた。
自分の中の宇宙の体現が自分という存在だとすると、自分の中の宇宙と自分の外の宇宙は、相容れないという意味で、直交している、と言えなくもないような気がする。よくわからん。アイデアが行ったり来たりしてる。

山本ニューさんからコメントいただいた。
@hahup 内宇宙と外宇宙は連続すると考える人々もいます。ふたつはドーナツのようなものであり内宇宙に潜っていく(ドーナツの穴に向かう)とやがてなだらかに外宇宙(ドーナツの外側)に到達するという考えですルーディ・ラッカーという愉快な気違いの説ですが『時空ドーナツ』という


 なるほど宇宙の「大きさ」という概念がそういう性質のものならば、この世のものがすべからくフラクタルな構造形状してることの説明にならないだろうか。あでも別にトーラスじゃなくてもいいのかも。ずーっと進んで行ったらいつの間にか元の位置、という性質ならいいんだから。
 wikiでいうところのメリディアン方向が大きさとすると、ロンジチュード方向は大きさの何なんだろう。どっちに行っても結局元の位置だし。球体でもいいじゃないか?でも球体だと、南極からはどっちを見ても北、というような、方向で性質が変わることがなくなるし。。。やっぱりトーラスなのかな。

時空ドーナツは1976年の作品らしい。3廻りの周回遅れなうorz

消えた?評論家

 最近は京大の藤井先生とか2chの三橋先生とかが脚光を浴びていますけども、今日ようつべあさってて見つけた動画に出てた紺谷典子さんていう経済評論家。自分がFXで( ゚д゚)になる半年前。リーマン・ショックの前時点放送の「博士も知らないニッポンのウラ」。今になってやっと重い腰を上げてさあやりましょうかとなりつつあるところの現実路線的経済対策などに通じる話をしてた。残念なことに、当時誰もがトンデモだと思った話なのであるけれども。何時の時代にも正しい人というのは必ずいるものであります。



 全然関係ないんだけど、昔書いた記事に関する某。
動くものを捉えるには複眼センサが最適であるというこの記事について思ってることは今も変わってなくて、それこそスキルがあれば試作して証明してみたくてたまらないんだけども、そんなこんなで今回思いついたのは、相手が動かないなら自分の方が動けばいいんじゃない?ということです。つまり、フィルタ部分か撮像素子部分をぐるぐる回せばいいのではなかろうか。…んで、それを全天モニタに映すのです。回すスピード上げれば上げるほど画素を細かくできるし。難しいことはソフト的に補正すればいいし。
 複眼だからそもそも移動に強い。つまり使い道として、これからの自律機械のカメラのシステムなど。普通な常識的なレンズ型のではなくて複眼型のモニタリング方式をもっと研究するべきだ。
hukugan



…なんかいやらしげな枕でアレだけど、他意はないのです。。。

ハートと素数と

 何がっていうのがアレなんだけど、光の速さに近づくと宇宙の形がハート型になるっていうアレ。あの、かどうかはわかんないんだけど、ハート型には素数の何やらが含まれてるらしい。ハート型の枠の中をビー玉が自由に転がって、壁に当たる当たり具合が素数の分布っぽいというそういう話。
 なるほど。つまり被観測物がハート型してればなんか素数っぽい具合になるんじゃね。。。えっ?

 つまりこういうことであります。

かんそく

 被観測物が光速になると、被観測物から観測する宇宙はハート型になる。んで、被観測物を外から観測する場合は、図のように、ハート型の被観測領域を観測することになる。こんな定義付けがいいかげんで曖昧で、これだけじゃどうしても間違ってるってのは自分でもわかってるんだけどうまく表現できない。光速だのなんだのいうパラメータは別次元に押し込んじまって都合のいいとこだけを取り出せばこんなふうな図に描けるんだ、ととりあえず強弁。


 で、何が言いたいかというと、自然数1,2,3…ていう数字同士の間隔が、実は等間隔ではないのかもしれないということです。。。おもしろくなってきた!



ああもう少し気の利いた小人が味方にいれば!

プロフィール

sugoku

Author:sugoku
初音みくで遊んでます。作ったものニコニコ動画を中心に発表したり。いろいろ活動中です。
はふーPプロフィール
はふーPwikiに載る
はふーPニコ動マイリスト
はふーPメール送り先



コード表

FC2カウンター
ろぐついった
最新記事
最新コメント
最新トラバ
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

QRコード
QRコード